北海道のストレスチェックは、社労士にお任せください。

ストレスチェック義務化から7年

2015年12月より50名以上の企業にストレスチェックの実施が義務付けられました。1年に1回定期的にストレスチェックをただ行っているだけになってはいませんか? メンタルヘルス不調による労災認定は増加しています。 ストレスチェックの分析結果から、効果的な対策を行い、働きやすい労働環境に改善していきませんか?

「ストレスチェック導入はしたけれど・・・」

経営者の方へ

「人手不足で任せられる社員がいない」
「効果を実感できない」など
お悩みはございませんか?

またストレスチェックを形だけ行うのではなく、同時に社内のメンタルヘルス対策を行い、 人が辞めない会社、生産性の高い企業として業績向上につなげませんか?

人事担当の方へ

「手順がよく分からない」
「手間がかかり過ぎている」など
お悩みはございませんか?

ストレスチェック実施には前後の工程を含め、数多くの手続きが必要です。複雑な手続きを一括で専門家にお任せし、本来の業務に集中しませんか?

産業医・検診機関の方へ

ストレスチェック実施の義務化で検診機関の需要が増えています。
御機関の健康診断のメニューにストレスチェックを追加しませんか?

ストレスチェックを能動的に行う立場となる健診機関様と産業医の皆様への支援体制がございます。

社労士によって開発されたストレスチェック Well診断

メンタルヘルスを専門とする全国の社会保険労務士ネットワークを主宰している一般社団法人ウエルフルジャパンの開発「Well診断🄬」

官公庁、上場企業始め、約1000社累積16万人超の導入実績
 

社労士による開発なので、法令遵守
法律の専門家、社会保険労務士が開発なので
・法令指針要件を完全適合しています。
・労働者と事業主の両者の立場に即した実務性のあるツールです。


受検方法が選べます
「Web」と、マークシート方式の「紙」から選択

設問数が選べます

 

厚生労働省準拠「職業性ストレス簡易調査票」(57項目)

【ストレスチェックの質問】
「非常にたくさんの仕事をしなければならない」
「働きがいのある仕事だ」などの質問項目があります。
厚労省ストレスチェック質問票(57項目)へ

【分かること】
受検者が仕事のどのような点にストレスを感じているか(仕事量、人間関係など)、 上司・同僚からどの程度サポートを得ているか、ストレス反応がどの程度表れているかという情報
 

働きがいやハラスメントにも着目した「新職業性ストレス簡易調査票」(80項目) 【ストレスチェックの質問】
57項目に加え「感情面で負担になる仕事だ」「経営層からの情報は信頼できる」「私は上司からふさわしい評価を受けている」 「職場で自分がいじめにあっている (セクハラ、パワハラを含む)」などの質問項目があります。

【分かること】
集団(会社)としていきいきとした職場環境かどうか、強みがどこにあるのかという情報
結果を「部署や事業場レベルにおいて職場改善につなげる」ことを目的に構成


外国語対応
英語版、ベトナム語(質問票、個人結果通知)への完全対応
 
 
→Well診断🄬ストレスチェックはこちら


労務関係のお困りごとは何でもお任せください。

労務管理や人材育成などを専門とする社会保険労務士ならではのバックアップ体制でサポートいたします。

ストレスチェック対応支援へ

お知らせ

北海道産業保健総合支援センターHPで事業主を対象とする研修会予定一覧が掲載されました。


北海道産業保健総合支援センター 無料相談日
産業保健に関する様々な問題を産業医学やメンタルヘルス、労働衛生工学等の専門スタッフに相談ができます。
(窓口相談、電話、FAX、Eメールなど)

「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者にたいする面接指導等」が強化されます。【厚生労働省リーフレット】
資料請求はこちら

ミラソルサポート株式会社

〒060-0051
北海道札幌市中央区南1条東6丁目 1番地16 山根ビル2F
Tel 011-200-0078
Fax 011-242-2257
営業時間 8:30~17:30(土日祝除く)

ミラソルサポート

加盟団体

ウエルフルジャパン

一般社団法人ウエルフルジャパン

中小企業の労務管理、メンタルヘルス対策支援や安全衛生に強い社会保険労務士が集まって組織した一般社団法人。現在、全国約200の社労士事務所と活動を展開しています。
ストレスチェックでは官公庁をはじめ、約1000社(2021/2時点)の導入実績があります。国の研究機関からも協力を要請されるなどアカデミックな側面も有する団体です。

ページのトップへ戻る